ホテヘルで出禁にならないためには

ホテヘル初心者
スポンサーリンク
7日間無料!sanmarusanマッチング

ホテヘルで度が過ぎた行いを繰り返すと、出禁にされてしまいます。
「これくらいなら大丈夫だろう」「こっちは金払ってるんだしね」
そんな風に調子に乗ってると締め出しをくらうので要注意です。

では、ホテヘルで出禁にならないためにはどうすればいいのでしょうか?
NG行動・気を付けるポイントをまとめてみます。

しつこい本番交渉はダメ

ソープや飛田新地などは別ですが、それ以外の風俗だと基本的に本番は禁止されています。
もちろんホテヘルでも本番行為はアウトです。
にもかかわらずしつこく交渉すると、出禁をくらってしまいます。

1回程度ならまだ大丈夫ですが、何度も交渉をされるとさすがの嬢も黙ってはいません。
また出禁の他に罰金が必要となるケースもあるんだとか。
「本番禁止」というルールを繰り返し破ろうとするわけですからね。
そりゃあ出禁や罰金処置をくらうのも当たり前です。

「ホテヘルは本番をする所じゃない」と肝に銘じ、節度を持って遊びましょう。

ストーカー行為もアウト

「お気に入りのホテヘル嬢を本気で好きになってしまった」
「遊びのつもりで通っていたのにいつの間にか本気に!」
このように、ホテヘル嬢に淡い恋心を抱くお客さんも少なくありません。

またホテヘル嬢の中には、お客さんをその気にさせるのが上手いタイプも多いですからね。
好みの嬢と会話が盛り上がれば、つい好きになってしまうのも無理ありません。
特に純なタイプだったり、女性経験が少ない男性であれば尚更でしょう。

しかし、いわば「その気にさせる」のも仕事のうちです。
本気にしてのめり込み、結果ストーカー行為をしでかしてしまうと出禁間違いなしです。

もちろん恋心を持つなとは言いません。
しかしその恋心がストーカー行為に発展してしまうと、出禁や警察沙汰になるので注意しましょう。

乱暴なプレイも禁止

ホテヘルで出禁にならないためには、プレイのやり方に気を付けることも大切です。

いくらお金を払うお客さんでも、やっていいことと悪いことがありますからね。
乱暴なプレイを行って嬢の身体を傷つけたら、当然出禁をくらいます。
「そういうプレイはホテヘルじゃなくてSMでやって」といったところです。

また乱暴なプレイをされることで、身体のみならず心も傷付く場合があります。
たとえホテヘル経験が長い嬢でも、やはり乱暴なお客さんにひどい仕打ちをされると、たまらない気持ちになるものです。

くれぐれも乱暴で自分勝手なプレイは控えましょう。

注意されたら素直に認めよう

明らかに出禁行為をしたにもかかわらず、「俺はやってない」と認めないお客さんもいます。
しかしこれをやると、お店側に与える印象がますます悪くなってしまいますよ。
「まだ1回目だし穏便に済ますか」というスタッフの寛大な気持ちも消え失せ、問答無用で即出禁認定が下されるでしょう。

どう見ても自分が悪いのに逆ギレだなんて…常識的に考えてあり得ません。
そんなモラルもマナーもない非常識な人に来られると、お店も迷惑ですからね。

しかし最初に注意を受けた際、素直に謝ることができれば別です。
早々に自分の非を認めてきちんと謝罪すれば、「次からは気を付けてくださいね」と大目に見てもらえるでしょう。

そのためつい調子に乗ってやらかしてしまった場合は、まず素直に謝ることが大切です。
そうすればなんとかホテヘルでの出禁を免れるでしょう。

まとめ

今回は、ホテヘルで出禁にならないためにはどうすればいいのかをまとめてみました。

基本的なルールを守り、嬢の嫌がることをしない!
ホテヘルで出禁にならないためにはやはりコレにつきますね。
マナーをしっかりわきまえて、楽しいホテヘル遊びをしましょう。