ホテヘル嬢にラインを教えてもらう方法

初めてのホテヘル
スポンサーリンク
7日間無料!sanmarusanマッチング

例えば仕事が終わった後に、お気に入りのホテヘル嬢からラインが届いたらどうでしょうか?
もう1日の疲れが一気に吹っ飛んでしまいますよね(笑)
お店に行って遊ぶのももちろん楽しいですが、こうしたラインでのやりとりも非常にワクワクするものです。

そこで今回は、ホテヘル嬢にラインを教えてもらう方法をご紹介します。

まずは信頼関係を築こう

ホテヘル嬢に連絡先を聞いても、大抵の場合やんわり断られて終了です(笑)
まあ連絡先交換NGのお店も多いですし、仕方ないと言えば仕方ないんですけどね。

しかし実際は、お店に内緒でコッソリお客とライン交換するホテヘル嬢もいます。
「正直バレなければ問題ないよね」という感覚で交換しちゃうわけですよ。
では嬢にその感覚を抱かせるにはどうすればいいのか?それはズバリ信頼関係を構築することです。

何度も会って繰り返し会話をすれば、やがてホテヘル嬢との間に信頼関係が出来上がります。
嬢から信頼される存在になったところで持ち掛ければ、恐らくアッサリ「いいよ」と教えてくれるでしょう。

もちろん中には警戒心の強いホテヘル嬢もいます。
また「お客には絶対教えない」と完全に割り切っている嬢もいるので、全ての嬢にこの方法が通用するとは限りません。
しかし大抵の嬢は、ある程度の信頼関係を築くことでガードがゆるくなります。

いずれにしろ、信頼関係を築いておいて損はありません。
まずは心の距離を縮めていくことから始めてみましょう。

仕事用の連絡先なら教えてもらいやすい?

ホテヘル嬢の中には、仕事用のメールアドレスやアカウントを持つ嬢もいます。
例えば予約を受けたり、出勤日のお知らせをしたり…。
仕事絡みの要件をこなす際、専用の連絡先があるととても便利なわけです。

当然プライベートとは全く別物ですからね。
こうした仕事用の連絡先であれば抵抗なく教えてくれるでしょう。
仕事用=営業用とも言えますから、むしろ嬢からすれば知ってほしいくらいです。
「次また指名するからさ」「いつ出勤するのか知りたいんだ」と言えば、きっと喜んで教えてくれますよ。

いきなりプライベートのラインを聞くのは勇気がいるな~という人は、まず「仕事用の連絡先交換」で攻めてみてはいかがでしょうか?
またこの方法は、初めて会うホテヘル嬢にも有効なのでオススメです。

ラインを教えてもらった後の注意点

ホテヘル嬢にラインを教えてもらえると嬉しいですよね。
しかし嬉しいからといって調子に乗ってはいけません(笑)
ここでは連絡先交換後に注意すべき点をまとめてみます。

個人情報を聞こうとしない

ラインを教えてもらった後、当然のごとく本名や住まいを聞き出そうとする人がいます。
しかしコレ、嬢からすると凄くうっとうしい行為なんですよね。

確かにメールアドレスやラインIDも個人情報のひとつと言えます。
ただアドレスやIDは、わりと簡単に変更・削除ができますからね。
「いざとなったら変えればいいか」そう思うことで比較的気軽に教えられるのです。

しかし本名や住まいは簡単に変えられるものではありません。
そのため連絡先と同じ感覚で教えることはできないわけです。

「ラインを教えてもらえる=他の個人情報も教えてもらえる」ではないのでご注意を。

どうでもいいメッセージは送らない

ホテヘル嬢と連絡先交換をすると、「まるで付き合いたての恋人同士みたいだな」と思ってしまうでしょう。
しかし言わずもがな、実際はホテヘル嬢×客という関係性ですからね。
そこを勘違いしてどうでもいいメッセージを送ってしまうと、嬢に嫌がられます。

例えば日記のようなメッセージや写メ付きのメッセージなど…。
これらは本物の恋人からであれば微笑ましさを感じるでしょう。
しかし単なるお客からとなると「だから何?」状態です。
まさにどうでもいいメッセージだなと思われてしまうわけですよ。

そのため最初は、出勤日の確認など、必要最低限のやりとりからスタートすることをオススメします。

まとめ

今回は、ホテヘル嬢にラインを教えてもらう方法についてまとめてみました。

嬢と信頼関係を築けば、ラインを教えてもらうのはそれほど難しいことではなさそうです。
また仕事用の連絡先をGETすることで、最終的にプライベートの連絡先も聞き出せるかもしれません。
いずれにしろ、焦らずゆっくりが鉄則と言えそうですね!